設計士と家を建てるメリットデメリット

2.メリットとデメリット

一番大切なのは、設計士と直接話をすること。

一番大切なのは、
設計士と直接話をすること。

メリットその1

設計士と話をすることなく家を建てるというのは、お医者様と話をすることなく手術をするようなもの…。
ちよっと恐ろしい話です。家を知り尽くした設計のプロと直接打ち合わせができるからこそ、断熱性や耐震性・メンテナンス性なども考慮した、住みやすくてちょっとカッコイイお家づくりができます。

メリットその2

設計ブランは3人以上のチームで行います。
チーム設計を行うことでいろいろなアイデアを出し合えます。

メリットその3

①ローンのこと ②申請閱係
③現場掃除   ④土地探し
⑤家具選び   ⑥アフターメンテナンス
⑦見積もり   ⑧挨拶回り
⑨人生相談

メリットその4

①自分達が設計したものを自分達の手で責任を持って施工
②スタジオや現場で監督と直接打ち合わせ
③より安く、より安心できる材料を全国から直接仕入れ

メリットその5

営業マンの人件費や豪華なモデルハウスの建設費や維持費、展示場の出店賃料など、見えないところで大きな金額が、お家の本体価格に含まれています。
それら全てを力ットすることで、よりコストパフォーマンスの高いお家をご提案できます。

デメリット

ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ